miwakokureha’s blog

未来を担う子供たちに希望を与えて、素敵な大人になろう!

未来日記

 

先日お友達が未来日記をつけているという話をしていた。
日付や場所を明確にして、
その状況を映像化できるまで書き連ねる。


そして、それを口に出して放つ。


それはもう叶ったと当然の状況になる。


彼女はそれを実際に形にしている。
そして、楽しいことしか未来日記には起こらないから、
楽しくて仕方ないという。


もちろん楽しい未来を想像するのは楽しい。
でもどうしたって、
現実を考えてしまって、
その未来日記がただの絵空自になってしまう。


それはもったいない。
だって、叶う予定の自分の理想の未来を
自ら閉じ込めてしまうんだから。


そんな誰にでもできることを
やるかやらないかで
未来が決まるんなら、
思いっきり自分の理想の未来を
書き連ねればいいんだ。


私たち大人が楽しい未来に向かい出したら、
どうしたって、明るいエネルギーが溢れ出し、
未来の子供達も楽しくなって行くよね。


未来日記つけてみない?


未来を形にできる大人になって、
あなたのネクストステージにいこう!

 

f:id:miwakokureha:20171017101053j:image

変化に気づいていない

 

ここのところ、人に会うと顔つきが変わったね。
と言われることが多くあった。

 

うう?きっと直接言ってきてくれるから
いい意味で言ってくれている。

 

恋人ができた?
何かいいことがあった?

 

そんな具合で聞かれるけど、
特に何があったわけではない。

具体的に何が変わったと思う?
って聞いたら、
「眉間にシワを寄せていないよ。」
って言われた。

 

「えっ??????」

私眉間にしわ寄せてた?ってこと。

 

眉間にシワなんて寄せてるつもりはもちろん全然なかった。

 

そういえば、先日娘にも
「最近全然遊んでなくれないよね〜。」って言われたことにハッとしたことがあった。

 

毎日顔合わせてるし、
子供のことを考えているつもりでも
彼らにとっては、一緒に遊んでいない。
それは、ただ単に過ごしていることとは違う意味らしい。


振り返ってみると、
ここんとこ、いやここ何年か遊んぶことに
集中していなかったことに気付く。

 

日々のこと、仕事のこと、ちょっと先の未来の不安、
余裕というものがなかったのかもしれない。

 

自分では笑顔で普通にしているつもりでも
周りから見たらそれは楽しんでいるようには全く見えない。
楽しそうに見えていないんだろう。

 

ここ何ヶ月かで
非日常生活を意識し始めた。
そのことで、自分の思考とは別の次元で物事を考えるようになったし、
今を思いっきり遊ぶことにした。

 

今を思いっきり楽しむようにしたことは、
私にリラックスさせる効果をもたらしたのかもしれない。

 

そして同時に子供たちもなんだか嬉しそう。

だから日常で何か変わったことがあったわけではないけど、
私の顔つきは変わってきたんだ。

 

自分では人に自分の内側を見せないようにしていても
周りは案外色々感じている。

 

それに気づいていないのは、
自分だけだったりする。

 

自分の内側が変わると外側に変化は訪れる。

同じ不安を抱えていても、
意識が変わることで、捉え方が変わるんだ。

 

変わったねってドンドン言われて、
新しい自分にバージョンアップしていく。

 

そしたら、いつの間にか
なりたい自分になっている。
そして、素敵な大人になっていこう!

 

f:id:miwakokureha:20171016092541j:image

 

 

 

 

 

飛び込む勇気

 

プーケットに到着した時、
先に来ていたみんなが海にいると知ったので、
娘と一緒に挨拶しに行った。


そしたら、みんな海で泳いで遊んでた。
「おーい!」って到着したことを伝えようと挨拶したら、
「こっちにおいでー!」
って返って来た。

「あ、水着着てないの〜」って言ったら
「そのままでOK!」って。


娘と私はイヤイヤとご冗談をと思ったけど、
みんな普通に本気で言っている。


エーーーせっかく非日常体験の旅だと思い、
そのまま飛び込んだ。


その時は迷う。
そんなことすべき?って。
でもやってしまったら、
その思い出は笑い話。
そして、人生のネタになっている。


そう、結局悩んだら、
やってみたほうがいい。
海に入った後は洋服が砂だらけだし、
気持ち悪いし、私のはいていた白いパンツは
スケスケだし(笑


でもその日が過ぎたら、
私たちの中で、
あんなことやっちゃったね〜ってなってる。
すごいいい思い出になってる。


そう、何事も
やってみて、自分がどう感じているか
知っていくことが重要。


二択が目の前に現れたら、
困難と思われる方を選んでみる。
それは後に最高のネタになる。


素敵な大人になっていこう!

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎ お知らせ ✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

今回私が行ってきたMillionaire Live in Phuket 2017の
講演・ワークショップの内容に興味のある方へ
限定3名でお伝えします。

90分の対面セッション、または遠方の方は
Skypeでセッションを行い
どんな内容に興味があるかを聞きながら
お話しさせていただきますので
コメントまたはメッセンジャーでご連絡ください。

プーケットに来ないと得られない
一流の海外・国内スピーカーによる
価値ある情報なので、セッションの料金は3000円。
(あえて詳しく書きませんが、MLiPの価値を
知っている方なら分かる通り安すぎですが。)
先着3名で応募終了とさせていただきます。

 

f:id:miwakokureha:20171014101117j:image

非日常体験

Millionaire Live in Phuket無事終了。



エナルギー高い環境で、
日常では体験できない時間を過ごすことができた。


なぜここにいるのか?
自分たちの未来を作るため、
普段では得られないものを手にする。


たくさんの出会いがあり、
一気に視野が広がる。


新たな思考を手にするには、
非日常体験をしていくことはとても効果が高い。


子供達も刺激的な大人たちに囲まれて過ごした時間で
一気に思考が自分たちの未来につながったようで、
帰国後は自分がどういう大人になりたいか、
ひたすら語っていた。


キラキラした子供達を見ているだけで
今回参加したことは大成功!


これは意識高い大人に囲まれた効果。
かっこいいと思わせる大人がいることで、
子供の未来は一気に広がる。


疲れ切った大人が多く、
先行き見えない日本と言われるけど、
そんなことはない。


子供達の可能性をもっともっと
広げられる大人になって、明るい未来を作っていくことはできる。
そのためには、私たち大人が自ら輝かなきゃいけないことを実感した。


子供達の可能性を広げることは
何より自分たちに幸せをもたらす。


かっこいい大人になってもらいたいなら、
私たちがその姿を見せていき、
素敵な大人になっていこう!

 

f:id:miwakokureha:20171012174427j:image

f:id:miwakokureha:20171012174439j:image

f:id:miwakokureha:20171013133426j:image

 

 

一歩を踏み出す瞬間

 

先週は高梨陽一郎さんと吉田昌史さんの
プロジェクトDiscovery2.0のセミナーの
お手伝いをさせていただいた。


インターネットで情報を仕入れ
興味あるセミナーに参加することは
本当に勇気の一歩。


私もそうだった。


世の中表だけではわからないことはいっぱいある。
本質に触れないとビジネスが表面上になってしまう。


誰かに背中を押されて、
何かを初めてみる。


来てくれた人が一歩を踏み出す瞬間と立ち会えて、
とてもいい時間を過ごせたし、初心を思い出すことができた。


そこには違う世界が存在する。


情報だけだとうまく行かない。
やはり対面で刺激を受けて、
リアルに行動して行くしか方法はない。


そう、私も情報だけに振り回されて学んだこと。


それをこなして行くのにはやはり環境が重要。
以前には想像もできない状況を環境を使って、
一つづつやって行く。


それを積み重ねて、
想像もしていなかった自分の理想を手にいれるんだ。


最初の一歩を踏み出す瞬間。


色々な思いが交差すると思うけど、
やらなかった後悔はずっと残る。
やった結果は必ず私たちの成長となる。


夢を掴むということは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。
Byイチロー


踏み出す勇気を持って、
素敵な大人になって行こう!

 

f:id:miwakokureha:20171002211142j:image

手放す勇気

 

今日は保有していた車を手放した。


長野から東京に戻った時、
色々なものを手放したつもりだった。


断捨離だって言って、色々捨てた。


でも本当の意味で手放さなくていけないものを
手放していなかったみたい。


今までの思い出が詰まっているものを手放してしまったら、
自分でなくなるような気がしてたし、
家族もみんな悲しむような気がしてた。


そして、執着していることに気づかないふりして、
手放す時期だとわかっていたのに、
そのままにしている自分に気づいた。


ものに執着していないつもりだったけど、
思いっきり執着している自分。


あることが私の一部のように感じていたけど、
それは飾り物に過ぎないこと。


手放し始めたら、
自分に空きが出てきているのを感じる。


うん。
次のステージに行くためにも
手放す勇気を持って行こう。


あなたは必要ないもの手放してる?


手放す勇気を持って
素敵な大人になって行こう!

 

f:id:miwakokureha:20170926183246j:image

フットワークは軽く

 

今日はお仕事で長野に移動。
この道を何百回と通ってる。
長野行きの新幹線も何百回乗ったことだろう。

 

10数年前は車で往き来することも、新幹線に頻繁に乗ることも
気合の入ることだったのに、
今は近所に行くかのようになっている。

 

移動時間は徹底的に一人になれるから
考えるのにも適した時間で私にとっては貴重な時間。

大変だな~と感じたことも
慣れてしまうと他愛ないことになる。

 

自ら動こうと思うと
大変なことっていっぱいあるけど、
私は目の前に仕事があったから
移動して、その環境に慣れていった。

 

それを望んでいたかは今となっては
わからないけど、一箇所に留まることを
避けていた私としては、その環境を自ら作っていたんだと思う。

 

もちろん拠点を多く作り、
移動していたことで、
仕事のフットワークは軽くなったことは間違いない。

 

大変と思っていることも
それをやるしかない状況になれば、
私たちはなんとかしてしまう。

自分が欲しい環境を選んで
強制的に動き出せば、
自分が想像もしていなかった環境に慣れることができるということ。

 

大変って感じることも
慣れる時がくることを実感する今日の高速道路。

 

あなたが大変だな~と思う環境って
なんですか?

 

フットワークを軽くして、
素敵な大人になって生きましょう!

 

 f:id:miwakokureha:20170925232253j:image